にこ部!-振り回され母ちゃんの育児絵日記-

3歳娘にこに翻弄される日々を記録中。

小さい子がいながらの、大きな震災時の準備・行動について考える。

スポンサーリンク

こんばんは。やざかなです。

 

九州の地震・・・大きいですね・・・。

今、ニュースを見ながら、心臓がばくばくいっています。

次々に鳴る、余震を知らせる速報音。

これだけで心臓が縮み上がる。

現地の皆様は、きっとスマホ・携帯のサイレン音も鳴りっぱなしなんだろう。

私の住む地域は遠いので、ニュースで報道されるとおりの情報しかわかりません。

どうかどうか、大きな被害がありませんように。どうかどうか。

熊本の皆様が心配です。

 

にこを寝かしつけたあと、ほっとしたところに飛び込んできた突然のニュース。

見た瞬間、「震度7」に心臓が飛び上がりました。

大きな震災、忘れてはいけないですね。改めて気が引き締まる思いです。

 

防災準備、しっかりしっかりしておかなきゃなぁ・・・。

いざという時の行動も、家族で定期的に意思疎通を図っておかねば。

引っ越ししてから、集合場所の確認などちゃんとできてなかった。反省。

私1人ではない、にこの人生も背負っているんだという自覚をしっかり持って、行動していきたいです。

 

にこのおむつ、おしりふき、着替え、食べるもの、飲むもの。3日分だよね。

きっとご機嫌取りのおやつも必要。

今のところは、抱っこ紐もいるかな。うん。

結構な量だなぁ・・・。

 

わからなくって、今、少し検索してみたら、

1.スーパーのレジ袋

2.ホイッスル

3.母子手帳

これを常備しておくといい!という記事を見つけた。

 

レジ袋!外出時の際に災害があった時、タオルとレジ袋で簡易おむつをつくれるようです。すごい。

ホイッスルは、子どもがいなくても必需品ですね。

母子手帳!うっかりしてました。これすごく大事ですね。

母子手帳は、にこの保険証や診察券と一緒に、常に母子手帳ケースに一式入れてある。

 

あとは基本的な防災グッズを一式ですね。

うーん、足りないものがありそう。とても不安。

しっかり調べてしっかり準備をします。

 

いざという時は、前に抱っこひもでニコを抱き、背中には防災リュック。

頭にはヘッドライト、でしょうか。

 

 改めて、福島の地震の際、小さい子がいたご家庭は大変だったろうなと。

避難所にも人がたくさんで・・・きっと環境が違いすぎてぐするだろうし、泣かれたら周りの目が気になって気も遣うだろうし、自分のことは二の次で、子どものことで精一杯になるんだろう。

 

私は、ちゃんと、にこを守れるんだろうか?

 

いや、守らなきゃいけないんだ。しっかりしろ。しっかり。

 

この年齢になってくると、涙もろくなって、いけませんね。

想像するだけで込み上げてくるものが・・・。

 

まだまだ大きな余震が続いているようです。

本当に、どうか、大きな被害がありませんように。